◆大正十年三月三十一日
  東京都に生まれる。三歳にして今井竹二(宝生流職分)の養嗣となる。
◆昭和元年
  宝生流第十七代 宗家宝生九郎重英に入門。
  同年「花筺」子方にて初舞台。以後内弟子生活。
◆昭和十五年十二月(宝生会臨時能)
  「吉野静」にて初シテを勤む。
◆昭和十六年〜二十一年
  兵役につき、北支方面にあり。
  終戦後復員して宝生会に復帰。能道に励む。
◆昭和二十三年
  同門会 「今宝会」を結成。
◆昭和二十九年四月(五雲会)
  石橋
◆昭和三十一年一月(別会)
  道成寺
◆昭和三十三年十二月(五雲会)
  乱
◆昭和三十五年一月(月並能)
  翁
鉢木
◆昭和五十一年〜平成十五年
  流儀初の個人演能会 「玉華会」発足
  (他流との立会い能として五十五回開催)

◆平成十六年〜平成十八年
  (個人演能会 「縁の会」)
◆平成十九年〜平成二十年
  「老女の会」を発足 
  (三老女:姨捨・関寺小町の上演を主眼とする個人演能会)
◆平成十九年四月 
  関寺小町を「老女の会」において流儀として104年ぶりに上演
◆平成二十一年二月〜 
  齢八十八を区切りとして「米寿の会」を発足
  現在に至るまで意欲的に舞台を勤める

■芸書:自主芸談集 「愚」(わんや書店刊)
■出演:NHK・FMラジオ「能楽鑑賞」・TV 3ch能「遊行柳」・BS釣紀行他
■趣味:渓流釣(山女及岩魚)、旅行、骨董、食道楽、草花